2006/09/06

Microsoft Zune = Windows Mobile != (Gigabeat(movie) + Wireless Network) ??

Microsoft ZuneのFCC(アメリカ連邦通信委員会)に提出されている文書で、機能とデザインが記事になっていた。
Microsoftは、初期のMS-DOS以外では、自社でOSを作ってきているので、今回のGigabeatそのものではないかという予想はあたらないのではないかと思う。

記事内の画像を見る限り、どちらかというと、東芝のWindows Mobile PDA端末「GENIO」に似ている気がする。

次第に明らかになるMSのiPod対抗端末「Zune」の姿--東芝がFCCに関連文書を提出
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20213067,00.htm

と思って、調べていると、すでにGigabeatはWindows Mobile端末になっていたようだ。
なるほど、「包括的クロスライセンス」なんですね。

東芝「gigabeat」にWindows Mobile採用
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0604/10/news039.html

写真の丸い部分が、十時キーなのか、ジョグシャトルなのか不明だが、十時キーにして、PSP的な「低価格PDA + GAME」端末として発売するのであれば、ヒットする可能性はある。ワンセグは日本しか対応しない商品なので、Microsoftよりは東芝発売の端末の方につきそうだが、XBox Liveのモバイル端末として、PSP、Nintendo DSへの対抗と、音楽販売、ゲームのダウンロード販売などを包括的に扱っていくのではないか、と考えることも出来る。

WILLCOMのW-ZEROシリーズのヒットについて、Microsoftも注目していると思う。
低価格通信機能付き複合PDAには商品価値があり、それを考慮した価格帯の商品である可能性もある。

特に、Gameの分野のダウンロード販売は、PSP、Nintendo DSにはまねできない分野であり、この点に置いてMicrosoftがアドバンテージを取ることができれば、それに付随して、音楽販売、ビデオ販売とつながっていくことも考えられる。

Microsoftがどのようなマーケッティングの切り口でくるのか、要注目である。

0 件のコメント: